The Demand for Talent

最高の人材を求める声が、かつてないほどに高まっています。

今日の急速に変化し続ける世界中の職場で、最高の人材への需要はかつてないほどに高まっています。一流企業は、先見の明があり、ビジネスを進展させ、同僚達を鼓舞するスキルを合わせ持つ、経験豊富で信用できるリーダー達を探し求めています。もしあなたがこういった人材であり、かつキャリアアップのチャンスをお探しであるのなら、スレイトのプロフェッショナル集団は、あなたに是非ともお会いしたく存じます。

弊社では、法人顧客に接する際と同様のプロフェッショナルな姿勢と心配りを持って、候補者の皆様にご対応致します。候補者の皆様もまた、私共の大切なお客様なのです。求職中の方々に、キャリアアップに必要な価値あるご提案を出来るものと確信しております。候補者及び企業側双方へのご提案がマッチする時こそが、皆の勝利へと結びつくのです。

キャリアアップのために最適なポジションを探すのは大変な作業ですが、スレイトでは常に情熱を持って、献身的に皆様のお手伝いを致します。私共とまずは内々で求職についてお話しさせて頂き信頼関係を築き上げていく中で、候補者の方々がご自身の可能性を最大限に生かす、最高の雇用チャンスを得ていると実感して頂きたいのです。一度スレイトにご登録頂けば、各候補者に適した案件が発生すると同時にご案内し、皆様のキャリアアップのため共に邁進致します。

Job Search Advice

求職についてのアドバイス

いつ転職するべき?

転職に最適のタイミング、それは現在所属する企業に目覚ましい貢献をした直後、そして必要とする新たなスキルを出来るだけ多く自分のものとした時、なのです。大体の目安としては、就業約4年後となりますが、転職毎に、また年齢が上がると共に、次の転職までの望ましい平均就業年数は長くなります。

採用担当マネジャー達は、あまりに転職回数の多い履歴書は敬遠します。と同時に、一つの企業に30年間勤務した人材もまた、リスク回避志向が強く一つの企業しか知らない、狭いマネジメント価値観の人物として敬遠されます。つまりバランスが重要なのです。より挑戦し甲斐のある環境に身を投じてご自身のスキルを磨いていく、という目的を持った転職に焦点を合わせることが、重要となります。

最終目標を明確に持って転職活動を始めましょう。10年後の未来に、どのようなポジションについていたいかを想像して下さい。未来を見通すのは簡単ではありませんが、何をしていると楽しいか、そして元々どのような才能があるのかに基づいて考えて下さい。将来目標とするポジションに必要とされる条件が何か理解すれば、現在の自分のスキルや経験のどの部分が不足しているかが分かります。そして最終目標に到達するために、今必要とするポジションが明確になるのです。常に目標を明確に保ってください。

Job Search Advice

求職についてのアドバイス

あなたのスキルや興味を活用できる仕事を見つける

アリストテレスはこう言っています。「世間が必要としているものと、あなたの才能が交わっている所に、天職がある。」この格言は現代においても、当時と同等に真実であると言えます。毎日幸せな気持ちで仕事に向かう人々とは、生まれつきその人に適した仕事の就労者達なのです。だからこそ、自然にその仕事を楽しみ、より幸福を感じ、より良いパフォーマンスが可能となるのです。あなた自身の才能を生かせる最適な仕事に就けば、頂上まで上り詰める速度はぐっと速くなるでしょう。

Job Search Advice

求職についてのアドバイス

面接についてのアドバイス

面接に適した服装を着用し、プロフェッショナルらしい外見で面接に挑みましょう。第一印象を覆すチャンスは2度と来ないのですから、必ず成功に結びつく服装にしましょう。カジュアル過ぎるよりは、フォーマル過ぎる方が良いです。そして約束の5~10分前に現地に到着することで、あなたが実直でプロフェッショナルな人材であることを証明しましょう。

面接者が事前にインターネットであなたの名前を検索している可能性に留意しましょう。この検索によって、あなたが応募書類に書かなかった情報が露呈しているかもしれませんよ?この不測の事態にも対応できるよう準備し、どのように受け答えをするか考えておく必要があります。

お返しに、こちらからも面接者の名前をインターネット検索してみましょう。面接者の興味を引く応対を準備出来るかもしれません。

面接中は、応募したポジションに求められる業務範囲を理解するよう最大限の努力をしましょう。求められる役割の核心部分を面接者から聞き出すことで、何故あなたがそのポジションに適しているかを説明することが可能となるのです。面接者が質問するのをただ待つだけではいけません。こちらからも会話を成り立たせるよう努力しましょう。

Job Search Advice

求職についてのアドバイス

面接時の質問

面接を受ける企業についてもネット検索し、組織について理解を深めておきましょう。そして、以下の質問に対して答えられるようにしておきましょう。

  • – その企業は何をしている企業なのか?
  • – その企業の顧客・取引先は誰なのか?
  • – その企業及び従業員に対する評価はどうか?

あなたはまた、自身が志願しているポジションが、どういったものなのかを正確に知っておく必要があります。

  • – そのポジションに含まれる役割は何か?
  • – どのような資格が必要なのか?
  • – 雇用者はどのようなスキルを求めているのか?

そして、面接時に雇用者側が尋ねてくる質問を想定しておきましょう。

  • – 何故この仕事に応募したのか?
  • – あなたの長所と短所は?(ここは、具体的な事例を挙げてあなたのマルチタスクな能力をアピールする絶好のチャンスです。)
  • – 何故あなたは自分がこのポジションに相応しいと思うのか?
  • – この組織に対して、あなたは何を提供できるのか?
  • – 過去5年間の自分を振り返ってどう思うか?

面接中は受け身になってはいけません。積極的な攻めの姿勢(攻撃的になってはいけませんが!)を見せる候補者はより良い印象を先方に与えますから、先方にあなたが応募しているポジションについて質問を投げかけるべきです。

Career Change Advice

転職について

市場価値のある人材でいるために

スキルを向上させる: 今日の激しい競争環境においては、最高のスキルと知識を有する職業人が有利となります。あなたが成長をお望みなら、成長を実現させる多くの手段があります。

ボランティアの仕事を探す: ボランティアは、あなたのプロフェッショナルなスキルを高め、新たなコネクションを築くのに良い手段です。

新しい言語を学ぶ: あなたは既に学生ではないですが、それが新しい言語を学べない・上達しない、という言い訳にはなりません。言語の習得は、多岐に渡る新たな可能性へとあなたを導きます。あなたの同僚、友人、家族の目に、あなたは情熱的で向上心あふれる人物と映るでしょう。また履歴書の面でも、外国語能力はあなたへの評価を高めます。

集会に参加する: 集会はあなたの創造性をかき立て、また素晴らしいネットワークを築くチャンスとなります。あなたの専門分野で活躍する一流の業界人と触れ合うことで、新たな手法を学び新たなネットワークを築くだけでなく、新しいチャンスを手に入れることも可能です。集会への参加は時に費用が掛かりますが、価値のある投資といえるでしょう。

ソーシャルメディアを活用する: ソーシャルメディアは、自己ブランドを構築し、デジタル動向に関するあなたの知識を披露するのに便利です。あなたの専門分野への高度な知識を実証し、信頼性を証明しましょう。

あなたのイメージを向上させる: プロフェッショナルとしての外見も重要です。時代遅れの陳腐な外見では、あなたの持つ経験そのものが時代遅れであるであると見なされてしまいます。しかしながら、この頭痛の種は簡単に解決できます。髪を切って爽やかに整え、新しいスーツと財布を購入しましょう。今までと違う眼鏡に挑戦してみるのも良いでしょう。

フィードバック(意見・評価)を聞く: 周囲の人々からのアドバイスは、あなたのキャリアに大きな影響を与えます。書面、もしくはネットワーク(例えばLinkedIn等)を通じてのアドバイスは、あなたの職業的価値を明確にする手助けとなります。また、あなたの専門分野の先輩達にアドバイスを積極的に求めましょう。どうすれば頂点に立てるのか尋ねるのです。成功者達というのは一般的に、あなたが成功する手助けをするのに喜びを感じるものです。

インターネット上にポートフォリオを作成しましょう: ポートフォリオとは、あなたの職業、職務経験、職務能力および長所をネットワーク上で視覚的に表現するものです。あなたの成し遂げた最高の仕事に光を当て、またあなたが新しい技術にも精通していることを示すのです。この現代的で創造性に富む方法で、他の人々との差別化を図りましょう。ネット上には数多くの無料ソフトウェアが公開されていますので、これらを使えば完璧にプロフェッショナルなスタイルが築けます。

Career Change Advice

転職について

リーダー達はどのようにして、良きリーダーとなるのでしょう?

リーダー達は、まず指導力を発揮する技術を学びます。彼らは生まれつきリーダーであったわけではありません。しかしながら、自ら学び、教育や訓練を受け、経験を積むことでリーダーとなってきたのです。

良いリーダーと上司には違いがあります。つまり、あなたが会社のCEOになれたとしても、リーダーとしては無能、ということも起こり得るのです。

正しい人物を選ぶ: あなた一人では素晴らしいリーダーとなる事は不可能です。有能で、自主性があり、意欲的な人々と共に優秀なチームを作り上げる必要があります。実業界では、効果的なチームワークが重要な鍵となるのです。

チームのリーダーとして、チーム全体の士気を高め、盛り立てなくてはなりません。その一方で、チームのメンバーから提案される新しいアイデアも柔軟に受け入れる必要があります。もしチームの誰かがアイデアを提供したならば、是非検討してみましょう。

チームに模範を示しましょう: あなたが誰よりも懸命に働いて初めて、従業員達の最大限のやる気を引き出せるのです。リーダーがチームをただ見ているのではなく共に働いていると感じる時、彼らは会社を自分の会社だと見なすようになるでしょう。リーダーは、チームから切り離された存在になってはいけません。常にチームと共に仕事をすべきなのです。

コミュニケーションを上手に取ろう: あなたが情報発信し報告を受ける際には、皆が理解できるようにしなければいけません。あなたが出す指示は明確かつ実行可能なものでなければなりません。最終判断をするのはあなたですが、その前に従業員達の意見も聞くべきです。同僚間に意見の違いが生じた場合、あなたが仲裁者となって、特定の個人を支持することなくベストの解決法を探る必要があります。

Career Change Advice

転職について

昇進するため必要なこと

素晴らしい仕事をする: 言うまでもなく、昇進したければそれに値する仕事をしなければいけません。責任を持って職務明細書に記載された以上の仕事をすることで、あなたのプレゼンスは高まるでしょう。

上司に昇進を望んでいると伝える: あなたの人生計画について知っておくべき上司に、あなたの目指すゴールを伝えることも必要でしょう。上司はあなたを手助けし、アドバイスを与え、目標達成のために何が期待されているのかを説明してくれるでしょう。昇進を達成するために何が必要なのか、正確に知っておくことをお勧めします。

Career Change Advice

転職について

昇給の交渉を成功させる方法

給与について話すのは、あまり気持ちの良いものではありませんが、定期的に行うべきプロセスですので、我慢する必要があります。

給与についての交渉が必要なのは下記の場合です:

– あなたの教育、経験、スキルの価値が、提示されている給与よりも高い場合。

– 仕事を始める都市・国の生活費が高く、提示された給与が釣り合わない場合。

– 同職業に従事する同僚より低い給与を受けている場合。

– 該当ポジションに対する給与枠が、平均額より低い場合。

一般的に、給与について交渉する権限を有する人物とは、あなたの上司もしくは人事部の責任者となります。最初の提示額は、交渉を前提とした第一段階の金額である可能性もあります。より多くの給与を求めなければなりません。そのために、あなたの価値の裏付けとなるスキルについても話せる準備をしておく必要があります

けれど、相手を威嚇してはいけません。威嚇することで、今後得られたかもしれないより良い給与提示を失うのは賢くない方法です。

正式雇用の前に試用期間が設けられている場合もあります。この場合、試用期間終了時に将来の上司と給与について再度話し合う事が可能です。

給与についてまったく交渉の余地がない場合は、違う形(例:ボーナス、休日出勤手当等)で交渉してみましょう。

Resume Advice

履歴書についてのアドバイス

重要事項

成果主義であること: あなたの個人的な目標ではなく、あなたの持つスキルや成果に焦点を合わせましょう。雇用者は、あなたの個人的な生き方よりも、何を実際に成し遂げたか、に興味があるのです。あなたが該当ポジションに相応しい人物であるかどうかを見ているのです。ですからポジション募集広告に記載されていたキーワードを、躊躇することなく再利用してください。職務資格要件に沿った具体的な成果例やスキルを記載するのも、大変良いやり方です。簡単に言うと、履歴書は出来る限り職務明細書に似た資料にするべきなのです。

適切な調整: 応募する業種・企業別に、数種類の履歴書を作成しましょう。先方企業の注目を得られるよう正しいキーワードを選び、企業の発展にあなたが具体的にどれほど貢献できるか説明しましょう。

優先順位を決める: まず最も重要な情報を記載し、応募するポジションに沿って、あなたのスキル、経験、成果を説明するのにより多くの時間を割きましょう。

確認: 最終版が出来たら注意深く読み返し、細心の注意を払って記載事項や文法に誤りがないか確認しましょう。また、記載漏れの有無にも注意が必要です。出来れば提出前に、信頼できる第三者の最終チェックを受けることをお勧めします。

書きすぎない事も重要: 不要な情報や、込み入った詳細事項は記載しないよう心がけましょう。あなたの成果を簡潔なキーワードと動作動詞(例:成し遂げる、成功を収める、管理する、成長させる、等。)で説明しましょう。詳細は、電話もしくは直接会って面接を受ける際、お話しする機会があります。大体の目安として、履歴書は2ページ以内に収めるべきです。

Resume Advice

Resume Advice

Engineering resume :

Engineering sector is vast, that is why you need to be clear and accurate. Your references are your best asset.

As engineer you might take responsibilities that go beyond your technical competences. Therefore, its important to highlight various skills.

The part about professional experience must be detailed. If the candidate is also a manager he can write down how many people he led.

Candidate’s commitment is a capital point for an engineer. Involvement and reliability are main qualities in this sector.

Be proficient in more than one language is a real advantage, as the geographical mobility : Indeed, most important actors in this sector are working abroad.

Resume Advice

Resume Advice

Marketing resume :

In marketing area, your resume is like your “personal brand”. It must be striking and efficient, in order to set you apart from your competitors.

Creativity is important in this sector but don’t be too much : you’re not a graphic designer.

Choose a understated creativity.

Mission statements should be meaningful : use examples, and don’t hesitate to add in your CV successful advertising campaigns and projects you worked on.

If you are in depth knowledge of Photoshop and Indesign, or have a twitter account, a blog, indicate it. This is a part of your personal brand.

Resume Advice

Resume Advice

Communication resume :

In communication a resume is a showcase of candidate’s skills. Keep the resume on one or two pages, depending your experience.

Write a short introduction about your experience and competences. Showcase your last work experience and your highest level of education. Plus, you must adapt your vocabulary according to each consultant.

Creative profile and artsy professionals( web designers, graphic designers, advertising manager…) might use an original resume, proving their abilities. Originality is a key factor in getting a higher percentage of response from resume submissions.

If you are interested in smaller company, show you can work successfully within small budgets and you are versatile professional.

For a larger company, show you already managed large budgets, worked on international projects.

Resume Advice

Resume Advice

Maintenance resume :

The resume doesn’t need to be elaborate. It should lay out all relevant experience and past positions in a clear and easy to read manner.

Recruiters are looking for a flexible and adaptable candidate. Therefore, the candidate should highlight his availability. He also could list all equipments he has experience in operating.

Educational background is not as important in this sector as it would be for other jobs. Recruiters are more interested in past professional experience.

List all your past jobs and include your level responsibilities for each work.

Applicant should have available references.

Resume Advice

Resume Advice

Healthcare and medical resume :

CV must stay simple, easily read by the hiring manager, in an outline form, with information organized in a concise way.

In the medical sector, past experience is the most important part. If you don’t have a lot or any, demonstrate your skills and abilities.

Explain as much as possible your actual experience : if you are a clinician, note what type and volume of patients you see on average.

Employment dates should include month and year for beginning and ending of each position in order to show continuity of employment.

List your job from the most recent to the oldest.

Resume Advice

Resume Advice

Finance and accounting resume :

A good knowledge of the company will help you tailoring your CV to the appropriate profile. Highlight professional experience, specific to the industry, specific to results. Insist on your computer skills, essential qualification.

A real good point is to note results and company’s turnover. Resume should be a maximum of two pages, it must be concise, focused and targeted on the job the candidate is applying for.

Describe in detail your most recent employment and also the most recent training modules you have completed.

As a certain point of your career, hiring manager are looking for a leader, as a part of their executive team : showcase steps you have taken to add to your responsibilities in the past.

Don’t try to be artsy : stay simple and classic.

Resume Advice

Resume Advice

Technology resume :

It is better to have different versions of resume in order to suit the job you are applying for. Focus on your results. Indeed, you need to demonstrate that you are the best choice among all the candidates.

Focus on how you helped previous clients succeed instead of your knowledge.

Be brief and include concrete details. Quantify the benefit as much as you can. Demonstrate your achievements through specific aspect and attention getting language.

Be clear about your date employment, specify months, not just years.

Working in the technology industry, you must be proficient in operating systems. Showcase your ability with an appealing template.

キャリアに関するアドバイスビデオ

  • Pam Thai

    How to succeed in a job interview

    Slate Executive Search Group gives you some tips to succeed in a job interview.

  • Ray Pedersen

    Assessing your market value

    Evaluate your market value is necessary in today’s competitive environment. Slate Executive Search Group helps you to do so.

  • Ray Pedersen

    Is changing your career disloyal to your company?

    You want to change you career or your job, but you are wondering if it’s dishonest to your company? Slate Executive Search Group tells why it’s not

  • Ray Pedersen

    Why top professionals change their jobs?

    During a job interview, the hiring manager may ask you why did you want to change your job. Slate Executive Search Group gives you the best answers.

  • Ray Pedersen

    Why do companies hire people?

    Thanks to Slate Executive Search Group, you will understand why do company need employees and how you can be one of them.

  • Ray Pedersen

    What is your career vision?

    With Slate Executive Search Group, discover what is your career vision and why this is choice meaningful to you.

  • Ray Pedersen

    How long should I stay with my company

    This question is on every employee’s lips: should I leave my company now or should I stay. Slate Executive Search Group gives you the answer.

  • Ray Pedersen

    Building Your Career Plan

    Building your career plan is important to succeed in your profession. Slate Executive Search Group explains you the best way to start one.

  • Ray Pedersen

    How leaders become good leaders

    Do you want to be a leader in your profession? Slate Executive Search Group gives you the keys to become one.

  • Ray Pedersen

    What do top professionals look for in a career change?

    Slate Executive Search Group advises you of the benefits of career change.

キャリアに関するアドバイス

left_fold

求職についてのアドバイス

Picture here

  • – いつ転職するべき?
  • – 仕事を見つける
  • – 面接についてのアドバイス
  • – 面接時の質問

関係しているビデオ

  • Job Interview Success
    Assessing your market value
left_fold

転職について

Picture here

  • – 市場価値のある人材でいるために
  • – 良きリーダーになる
  • – 昇進するため必要なこと
  • – 昇給の交渉を成功させる方法

関係しているビデオ

  • Why top professionals change their jobs?
    How leaders become good leaders?
  • Building your career plan
    How long should I stay with my company?
  • Is changing your career disloyal to your company?
    What do top professionals look for in a career change?
  • What is your career vision?
    Why do companies hire people?
left_fold

履歴書についてのアドバイス

Picture here

left_fold

人気アーティクル

Picture here

  • – 面接についてのアドバイス
  • – 面接時の質問
  • – 市場価値のある人材でいるために
  • – 昇進するため必要なこと
  • – 履歴書の重要事項
  • – 昇給の交渉を成功させる方法